TEL 043-497-6081 FAX 043-497-6082
〒285-0923 千葉県印旛郡酒々井町
東酒々井1丁目1-53 ステーションプラザ東酒々井101

理事長あいさつ

 生涯学習によるまちづくりをめざす行政担当者、実践するまちづくりボランティア研究者、学習により生きがいを求めるあらゆる人たちで、構成される学習活動団体です。

 協会の母体となった「全国生涯学習研究会」は、平成元年、生涯学習の推進とまちづくりに関心を持つ、あらゆる分野の人々が教育、文化、環境、福祉などの問題を含む、生涯学習の推進について、研究と実践の情報交流を進め、個性豊かな魅力あふれるまちづくりを目指す全国的な組織として設立されました。以来、行政と連携をとりながら生涯学習の推進、まちづくりに関する各種の研修会など「生涯学習とまちづくり」を推進し、あるいは活動を支援する団体として活動してきました。

 激しい社会構造の変化の時代を背景に、全国の自治体では、人々の「自己充実」と「生活向上」のために「生涯学習」の推進を「まちづくり」の重要政策として取りあげるところが急増しております。

 わたくしたち「NPO法人 全国生涯学習まちづくり協会」は、これまでの蓄積をもとに生涯学習まちづくりに関する研修機関として、またサポート・センターとして、一層の貢献を図る考えです。

特定非営利活動法人 全国生涯学習まちづくり協会
理事長 福留 強

全国生涯学習まちづくり協会とは

特定非営利活動法人 全国生涯学習まちづくり協会は、「生涯学習とまちづくり」を研究、実践する学習団体です。教育、行政、民間ボランティアなど、あらゆる分野の人々が集い、個性豊かな「魅力あふれるまちづくり」を目指す全国的な組織として活動しています。

 各地で活躍する会員同士の“つながり”がエネルギー。生涯学習を通した「まちづくり」は「自分づくり」の第一歩。自分自身が輝くために、私たちと一緒に、「あなた」と「あなたのまち」を輝かせてみませんか。

 いま、全国各地で個性あるまちづくりが重要な課題となっています。特に、文化、教育、地域コミュニティはこれからのまちづくりの最も中心となるコンセプトです。

 私たち全国生涯学習まちづくり協会は、生涯学習によるまちづくりの関心のある自治体、民間企業、研究者、ボランティアの要請に応え、研究・実践・交流を深めるため結成した特定非営利活動法人です。

 地域に根ざした個性的なライフスタイルの創造、コミュニティの形成、リーダーの養成など、地域活性化への課題は多種多様です。協会は、産業・経済、地方自治、教育・文化、スポーツ、福祉、労働など、生涯学習の推進とまちづくりにかかわるあらゆる人々の交流を進めるとともに、まちづくりのノウハウを結集して、豊な地域づくりの実現を目指し、研究・実践活動をすすめます。

組織

名 称:特定非営利活動法人 全国生涯学習まちづくり協会
法人設立認証の年月日:平成12年10月01日
法人設立の年月日:平成01年10月01日

目 的

  • この法人は、一般市民、その都市及び地域に対し、活性化の提案とイベント活動、 景観及び町づくりに対する提案、家づくり及び建築に関わる相談及び提案に関する事業を おこない、快適な都市、地域環境及び居住環境の向上に寄与することを目的とする。

特定非営利活動の種類

  • まちづくりボランティアの養成
  • 「地域アニメーター」を講習により発行
  • 「まちづくりコーディネーター」を講習により発行
  • 「旅のもてなしプロデューサー」資格を講習により発行

出版事業

  • 特定非営利活動に係る事業
  • 自治体および関連団体と協力して様々な事業を展開
  • 会員相互の交流と研修、生涯学習、まちづくりに関する研究・研修会の開催
  • フォーラム、生涯学習まちづくり実践研究交流会などの実施
  • 子どもを育てる諸活動
  • 子どもゆめ基金による助成により「平成子どもふるさと検地」を実施
  • 全国子どもをほめよう研究大会を実施
  • 高齢者、中高年を生き生きさせる活動
  • 創年運動の展開
  • 子どもゆめ基金による委託「青少年おもてなしカレッジ」子どもを主役にする運動を実施

沿革

平成元年(1989)

  • 文部省主催 第1回全国生涯学習フェスティバルの開催(幕張メッセ)

平成2年(1990)

  • 第2回京都大会で「全国まちづくり研究会」が、全国生涯学習まちづくり研究会組織化を提唱

平成4年(1991)

  • 事務局 東京都赤坂に

平成5年(1993)

  • 事務局 九州女子大学生涯学習センターへ 9月機関誌「HOWまち」創刊

平成8年(1996)

  • 第1回まちづくりコーディネーター養成講座始まる(6月)
  • 第1回まちづくり海外研修(オーストラリア)(8月)
  • 地域アニメーター養成講座始まる(6月)

平成10年(1998)

  • 事務局 聖徳大学生涯学習研究所内に

平成11年(1999)

  • 文部科学省の生涯学習審議会答申「学習成果を幅広く生かす」に、地域アニメーター、まちづくりコーディネーターが紹介される
  • 子どもを育てる全国研究集会のスタート(7月)
  • 全国生涯学習市町村協議会の結成(まち研の協力団体)

平成12年(2000)

  • NPO法人の認証(経済企画庁)(10月)顧問に海部俊樹氏 本部 東京都台東区

平成13年(2001)

  • 第1回生涯学習賞(京都府亀岡市)を受賞

平成14年(2002)

  • 第1回子どもをほめよう研究大会(大分県前津江村)

平成15年(2003)
平成16年(2004)

  • 「仕事づくりセミナー」の実施 はがき通信「通心」の発行

平成17年(2005)

  • 創年運動の提唱と展開 「創年のたまり場」の実施
  • 雑誌「創年」の創刊 「創年ねっと」の開始

平成18年(2006)

  • 「旅のもてなしプロデューサー」養成講座を実施
  • 雑誌「創年時代」の発刊

平成19年(2007)

  • 「ふるさと歳時語り部養成」の提唱

平成20年(2008年)

  • 定例課題別研究 参加

平成21年(2009年)

  • 20周年記念 記念誌「まち研タイムス」発行
  • 大船渡 旅のもてなしプロデューサー養成講座 開講

平成22年(2010年)

  • 書籍「観光とまちづくり」発行

平成23年(2011年)

  • 創年コミュニティ大会 開催(東京都立川市)
  • 全国創年市民大学研究大会

平成24年(2012年)

  • 女子力フォーラム(東京タワー)
  • 日韓生涯学習まちづくりフォーラム(岩手県金ヶ崎町)

平成25年(2013年)

  • 全国学びとまちづくりフォーラム(第1回 佐野大会)
  • 全国廃校活用研究会発足
  • 日韓生涯学習まちづくりフォーラム(韓国テグ市)
  • 図書館とまちづくりフォーラム(神奈川県パシフィコ横浜)
  • 酒々井町と全国生涯学習まちづくり協会との連携に関する協定

平成26年(2014年)

  • 青少年おもてなしカレッジ 発足(子どもゆめ基金)
  • 学び☆旅 まち研究所 設立

平成27年(2015年)

  • 事務局 移転

平成29年(2017年)

  • 事務局 移転

スタッフ紹介

理事長 

  • 福留 強  (事業構想大学院客員教授)

副理事長 

  • 清水 英男 (日本生涯教育学会生涯学習実践研究所栃木センター長)

理事

  • 松澤 利行 (八潮市民病院生涯学習推進部)
  • 原口 泉  (鹿児島県立図書館長・志学館大学教授)
  • 谷口 郁子 (イムノグループ代表取締役社長)
  • 松下 倶子 (恵泉女学園園長)
  • 大田 順子 (緑ヶ丘学園理事長)
  • 佐藤 良子 (国立市大山団地自治会会長)
  • 野口 晃一郎(フリーアナウンサー)
  • 山崎 捷子 (会津若松市アネッサクラブ顧問)
  • 鮫島 真弓 (ワーカーズコープ東関東事業本部副本部長)
  • 仮屋 茂  (武道家)

事務局長 

  • 田中 進一(きれいのたね 代表)