|お問い合わせ このページを印刷する |文字の大きさ | 小 | 中 | 大 |

全国生涯学習まちづくり協会理事長 福留強公式ブログ (生涯学習 まちづくり NPO)
new_17.gif【列島めぐりあい】
全国生涯学習まちづくり協会 理事長 
『福留 強 公式ブログ』



人が輝いてこそ、まちが輝く。まちづくりに必要なのは、確かな知識と行動力。まちづくりの基本的な考え方を学び、私たちと一緒に活動しませんか。当協会が主催する講座と、全国で活躍する会員のプロフィールを紹介します。

トップページ > ひと > 国内旅程管理主任者研修レポート

国内旅程管理主任者研修レポート

2009年9月8日(火)・聖徳大学生涯学習社会貢献センター

旅程管理1.JPG
旅程管理2.JPG
旅程管理3.JPG2009年9月8日(火)から同10日(木)の3日間、当協会としては初めての試みとなる「国内旅程管理主任者研修」を実施しました。国内旅程管理主任者は「旅のもてなしプロデューサー」の資格を取得した方々が、「旅の専門家」として、より活躍するためのステージです。
平成17年4月の改正旅行業法の施行により、旅行業社の主催するツアーには、必ず1人の「旅程管理主任者」が添乗することが義務付けられました。『国土交通大臣登録研修機関』で「旅程管理研修」を修了し、添乗経験を有した資格取得者が「旅程管理主任者」と認定されます。「旅程管理主任者」は、国内旅行の添乗できる「国内旅程管理主任者」と、国内・海外旅行の両方に添乗できる「総合旅程管理主任者」の2つがありますが、今回は、当協会と、国土交通大臣登録・旅程管理研修機関(第24号)株式会社新旅行資格会の主催で「国内研修」を行ないました。

「旅程管理主任者」の主な業務は添乗ですが、その仕事は、旅行開始前の手配・予約の確認、旅行開始後の旅行サービス受領の手続き、不測の事態による代替サービスの手配と受領の手続きなど、多岐に渡ります。受講生は、3日間でその基礎的な内容や、旅行業法、旅行業約款などを学びました。研修の最後に終了試験に挑戦。13人全員がみごと合格しました。合格者は11月に予定している山梨方面への実務研修を終えると、国内旅程管理主任者として認められ、ツアーコンダクター(添乗員)として活動できます。

旅のもてなしプロデューサーから国内旅程管理主任者にステップアップ。当協会は今後も、旅のもてなしプロデューサー講座、国内旅程管理主任者研修を定期的に実施します。


→講座に戻る
→お申し込みはこちらから

新刊書のご案内
まちの知恵シリーズ―
「図書館がまちを変える」neworange.gif

図書館表紙画.pdf

「助け助けられるコミュニティ」
2013年11月刊行 福留強著
新東京創作出版発行 定価1,400円(消費税別)

書籍パンフレット

まちの知恵シリーズ―
「立川市大山自治会の発明―助け助けられるコミュニティ―」

立川市大山.jpg

「助け助けられるコミュニティ」
2011年10月刊行 福留強著
悠光堂発行 定価1,143円(消費税別)

書籍パンフレット

「鹿児島県志布志の挑戦 生きがいとまちづくりの起爆剤は創年市民大学」

鹿児島県志布志.jpg

「生きがいとまちづくりの起爆剤は創年市民大学」
2011年10月刊行 福留強著
悠光堂発行 定価1,143円(消費税別)

書籍パンフレット
購読のお申し込みはこちら

書籍発行のお知らせ
「もてなしの習慣 みんなで観光まちづくり」発刊

82E082C482C882B582CC8FK8AB5.jpg

福留強理事長の最新著作「もてなしの習慣 みんなで観光まちづくり」を2011年3月、悠雲舎から刊行しました。
私たちの「まちづくり」は、いま、大きな転換期にさしかかっています。国は「観光立国」を宣言し「観光」に大きく舵をきりました。「まちづくり」と「観光」が寄り添って、同じ方向へと進み始めています。「わがまちのようこそ」。日本人である私たちは従来「相手をもてなす」というホスピタリティの精神を持っています。その一人ひとりが持つ「もてなしの心」を最大限に発揮することが、地域活性化、まちづくりへの近道です。本書は「もてなしの心」をはぐくむためのチェックポイントをわかりやすく解説。もてなしの喜びを実感するための秘策がここにあります。

「もてなしの習慣 みんなで観光まちづくり」
福留強著 悠雲舎 定価1,260円(消費税込み)

書籍パンフレット
購読のお申し込みはこちら

この度の「東日本大震災」におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。一日も早い復旧と復興をお祈り申し上げます。

NPO法人 全国生涯学習まちづくり協会

91E591D93n82R.JPG
【事務局被災地レポート】