|お問い合わせ このページを印刷する |文字の大きさ | 小 | 中 | 大 |

全国生涯学習まちづくり協会理事長 福留強公式ブログ (生涯学習 まちづくり NPO)
new_17.gif【列島めぐりあい】
全国生涯学習まちづくり協会 理事長 
『福留 強 公式ブログ』



全国各地のまちで、まちづくり実践者の交流の機会を作ることが私たちの役割です。
法人設立以来20年、全国各地で「まちづくり」「子どもをほめよう」をキーワードに、各種大会を企画・運営してきました。

トップページ > まち > 女子力とまちづくりフォーラムレポート

女子力とまちづくりフォーラムレポート

2012年1月21日(土)

福留1.JPG
DSC_0091.JPG当協会は2012年1月21日、千葉県松戸市の聖徳大学生涯学習社会貢献センターで、「女性の力で地域を活性化しよう」をテーマにした「女子力とまちづくりフォーラム」を聖徳大学生涯学習研究所と共催しました。関東近県のほか、東北や九州など遠方からも多くの方々にご参加いただきました。

フォーラムは分科会、基調提言・講演、シンポジウムの三部構成で実施しました。

一部の分科会は「聖徳大学から飛び出した女子力」を全体テーマに、2つの会場に分かれて「青少年育成に必要な女子力」と、「女子力を地域で発揮する秘策」を語りあっていただきました。登壇者のほとんどが同大の卒業生で、学校や社会教育施設に勤務する人、自治体や一般企業で活躍する人が、それぞれ職場でどのような業務に就き、どのように女子力を発揮しているかなど、具体的なケースを報告し、参加者を交えて意見交換しました。

二部は当協会・福留理事長の基調提言からスタート。理事長は「女性がまちで活躍しており、活性化に大きな役割を果たしている。一方で、若者の地域離れという動きが顕著であるのも事実。若者と地域のマッチングに成功すれば、まちは輝きを取り戻すはずだ。特に女性は元気の源になる」と話し、いま、まちづくりにおいて「女子力」が重要な役割を担っていると本フォーラムの意義を解説しました。
引き続き、脚本家の田渕久美子さんによる「女子力で輝いて生きる」と題した基調講演を行いました。田渕さんは「自分は何が好きか、何をすれば喜ぶかを知らないで生きるようなことはしたくない。まずは自分を見つめること、自分を知ること。自らの望みや役割を認識し、覚悟を持って取り組むことが女子力を向上させる。女子力を意識して行動すれば、普段の日常が充実した日々に変わっていくはず」と自らの経験を交えながら語り、「仕事も生活も、後悔しないように最善を尽くす。それは、女性だけではなく、男性にも必要な考え方ではないでしょうか」と会場に問いかけました。

フォーラムの最後はシンポジウム「女子力でまちは変わる」。文部科学省社会教育課長の塩見みづ枝氏、東京都立川市大山自治会長の佐藤良子氏、富士通研究所の中村亜紀氏がパネリストとして登壇し、それぞれの立場でどのように「まちづくり」にかかわり、貢献してきたか、そのきっかけや、現在取り組んでいること、活動の喜びなどを、女性ならではの視点で、縦横無尽に語りあいました。

「女性とまちづくり」という着眼点でのフォーラムは新鮮な試みとして、参加者に好評でした。

基調講演

福留2.JPGDSC_0087.JPGDSC_0093.JPG
DSC_0094.JPGDSC_0095.JPGDSC_0096.JPG

シンポジウム

シンポジウム1.JPGシンポジウム2.JPGシンポ塩見.JPG
シンポ佐藤.JPGシンポ司会長江.JPGシンポ中村.JPG

第一分科会

第一橋本.JPG第一栗原2.JPG第一犬塚1.JPG
第一市島.JPG第一分科会1.JPG第一分科会2.JPG
第一分科会登壇者.JPG

第二分科会

第二岩崎.JPG第二金子.JPG第二秋澤.JPG
第二秋澤.JPG第二分科会1.JPG第二分科会2.JPG
第二分科会登壇者1.JPG第二分科会登壇者2.JPG


新刊書のご案内
まちの知恵シリーズ―
「図書館がまちを変える」neworange.gif

図書館表紙画.pdf

「助け助けられるコミュニティ」
2013年11月刊行 福留強著
新東京創作出版発行 定価1,400円(消費税別)

書籍パンフレット

まちの知恵シリーズ―
「立川市大山自治会の発明―助け助けられるコミュニティ―」

立川市大山.jpg

「助け助けられるコミュニティ」
2011年10月刊行 福留強著
悠光堂発行 定価1,143円(消費税別)

書籍パンフレット

「鹿児島県志布志の挑戦 生きがいとまちづくりの起爆剤は創年市民大学」

鹿児島県志布志.jpg

「生きがいとまちづくりの起爆剤は創年市民大学」
2011年10月刊行 福留強著
悠光堂発行 定価1,143円(消費税別)

書籍パンフレット
購読のお申し込みはこちら

書籍発行のお知らせ
「もてなしの習慣 みんなで観光まちづくり」発刊

82E082C482C882B582CC8FK8AB5.jpg

福留強理事長の最新著作「もてなしの習慣 みんなで観光まちづくり」を2011年3月、悠雲舎から刊行しました。
私たちの「まちづくり」は、いま、大きな転換期にさしかかっています。国は「観光立国」を宣言し「観光」に大きく舵をきりました。「まちづくり」と「観光」が寄り添って、同じ方向へと進み始めています。「わがまちのようこそ」。日本人である私たちは従来「相手をもてなす」というホスピタリティの精神を持っています。その一人ひとりが持つ「もてなしの心」を最大限に発揮することが、地域活性化、まちづくりへの近道です。本書は「もてなしの心」をはぐくむためのチェックポイントをわかりやすく解説。もてなしの喜びを実感するための秘策がここにあります。

「もてなしの習慣 みんなで観光まちづくり」
福留強著 悠雲舎 定価1,260円(消費税込み)

書籍パンフレット
購読のお申し込みはこちら

この度の「東日本大震災」におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。一日も早い復旧と復興をお祈り申し上げます。

NPO法人 全国生涯学習まちづくり協会

91E591D93n82R.JPG
【事務局被災地レポート】